旅游app

做旅游手帐的APP

(2015年4月1日 制定)

地球環境の保全は人類が共同して取り組むべき重要課題であるとの認識のもと、環境にやさしい企業運営を目指します。

  1. 1. 環境関連の法規・規制等を遵守し、環境保全に努めます。
  2. 2. 省エネルギー、省資源、リサイクル、廃棄物の削減等への取り組みを通じ、地球の温暖化防止、環境負荷軽減に努めます。
  3. 3. 環境教育を通じて、社員の意識向上を図ります。
  4. 4. 地域社会との関わりを大切にし、環境保全活動への取り組みを通じ広く社会に貢献します。
  5. 5. この環境方針は社員へ周知するとともに、一般に公表します。

旅游 记账 app

旅游app的竞争分析报告

近鉄グループ中期環境目標(2015年度〜2020年度)
1.近鉄グループは、2020年度における環境重点項目の実施率100%を目指します。
 (※環境重点項目=①環境目標の策定、②環境教育の実施、③エネルギー使用量等の実績把握)
2.近鉄グループは、2020年度における各社のエネルギー使用量等を2015年度に比べて5%以上削減します。
 (※エネルギー使用量等=①電気 ②水 ③紙 ④その他)
3.近鉄グループは、2020年度におけるCO2排出量(総量および原単位)を、2015年度に比べて5%削減を目指します。
4.近鉄グループは、2020年度までに全社が自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を行います。
  • ※目標1の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社の54社です。目標策定時の58社から減少しました。
  • ※目標2は、2016年度に追加した目標で、「④その他」は、軽油・ガソリン・燃費等、自社の事業に関連するものです。
  • ※目標3は2018年度に追加した目標で、エネルギー使用量が特に多い12社を対象とします。12社は省エネ法に基づき、経済産業省または国土交通省に定期報告書を毎年度提出しており、CO2排出量の合計は当社および連結子会社全体の95%以上を占めています。
  • ※目標4の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社のうち、純粋持株会社を除く47社です。
  • ※期間中に連結子会社が減少した場合は対象から除外し、増加した場合は、対象会社数の範囲には含めないものとします。

app旅游排行

近鉄グループ中期環境目標 2016年度
実績
2017年度
実績
2018年度
実績
2019年度
(目標)
2020年度
(目標)
1.近鉄グループは、2020年度における環境重点項目の実施率100%を目指します。          
①環境目標の策定 58社 58社 54社 54社 (54社)
②環境教育の実施 40社 47社 52社 54社 (54社)
③エネルギー使用量等の実績把握 50社 54社 54社 54社 (54社)
2.近鉄グループは、2020年度における各社のエネルギー使用量等を2015年度に比べて5%以上削減します。(※エネルギー使用量等=①電気 ②水 ③紙 ④その他) -1%達成
27社
-2%達成
28社
-3%達成
36社
-4% -5%
(54社)
3.近鉄グループは、2020年度におけるCO2排出量(総量および原単位)を2015年度に比べて5%削減を目指します。 総量
-3.1%
総量
-5.0%
総量
-16.6%
総量
-5%
-5%
4.近鉄グループは、2020年度までに全社が自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を行います。 34社 37社 42社 45社 (47社)

世界旅游APP

新たに近鉄グループ環境目標に、CO2削減目標を追加しました。

英国旅游app

「近鉄グループは、2020年度におけるCO2排出量(総量および原単位)を2015年度に比べて5%削減を目指します。」

業種 CO2排出量(総量) 指数
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
単位 2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
①鉄道 390,000 384,000 380,000 337,000 t-CO2 100 98.5 97.4 86.4
②バス等 69,480 68,470 67,120 66,376 t-CO2 100 98.5 96.6 95.5
③施設 314,934 297,765 288,603 242,347 t-CO2 100 94.5 91.6 77.0
総合計 774,414 750,235 735,723 645,723 t-CO2 100 96.9 95.0 83.4
業種 CO2排出量(原単位) 指数
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
単位 2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
①鉄道 1.350 1.339 1.324 1.179 t-CO2
/千km
100 99.2 98.1 87.4
②バス等 0.726 0.751 0.758 0.754 t-CO2
/千km
100 103.3 104.4 103.8
③施設 0.144 0.137 0.136 0.115 t-CO2
/m²
100 95.0 94.3 79.8

※エネルギー使用量が多い、省エネ法定期報告の対象となる特定輸送事業者および特定事業者を対象とします。

※CO2排出量は、各社が国土交通省または経済産業省に報告した排出量を使用しています。

※①鉄道=近畿日本鉄道㈱のみ。
②バス等=奈良交通㈱、近鉄バス㈱、防長交通㈱、近鉄タクシー㈱の合計。
③施設=近鉄不動産㈱、㈱近鉄・都ホテルズ、㈱近鉄百貨店、㈱近商ストア、㈱近鉄リテーリング、㈱海遊館、㈱きんえい、奈良交通㈱の合計。

※対象となる12社のCO2排出量合計で、当社および連結子会社全体の95%以上を占めています。

※「原単位」とは、CO2排出量(総量)を、延床面積(m²)や車両走行距離(km)などで割った、「単位当たりの排出量」のことです。業種によって異なります。

※鉄道、バス等の原単位は、CO2排出量を車両走行距離(千km)で割っています。施設の原単位は、延床面積(m²)で割っています。

旅游好用的app

当社グループが排出するCO2には、スコープ1(燃料を使用して直接排出する量)、スコープ2(電力等のエネルギーを使用して間接的に排出する量)、スコープ3(サプライチェーンにおける間接排出量)の3種類があります。サプライチェーンとは、製造した商品が消費者に届くまでの一連の過程(開発・調達・製造・配送・販売)をいい、スコープ3の排出量を算定することで、企業活動全体での影響を把握することが可能になります。
2018年度のスコープ別排出量は、以下のとおりです。(主要会社の合計で算出しています。)

旅游app免费

(単位:t-CO 2
  2014
年度
2015
年度
2016
年度
2017
年度
2018
年度
スコープ1 39,344 48,339 58,191 59,772 57,884
スコープ2 487,141 571,557 549,181 562,257 551,456
スコープ3 146,808 210,718 64,722 65,019 132,916
673,293 830,614 672,094 687,048 742,256

※2014年度は分社化前の近畿日本鉄道㈱、2015年度以降は近鉄グループ主要会社の合計です。

CO2のスコープ別排出量

CDPへの回答による情報開示

CDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)とは、世界の機関投資家が連携し、世界の企業に対して、気候変動のリスクと機会の内容、戦略や温室効果ガス排出量等の公表を求める活動で、日本では時価総額上位500社が対象で、当社は10年連続で回答し、情報開示しています。

当社のCDPスコア

  2014年 2015年 2016年 2017年 2018年
ディスクロージャー ※1 91 95 B※3 B C
パフォーマンス ※2 B B

※1 情報の質や、気候変動のリスクと機会の理解度を評価します。
※2 気候変動対策の有効性をA〜Eの5段階で評価します。
※3 2016年より評価方法が変更され、全体を1つのスコアで表します。

CDP(カーボン・ディスクロージャー・プロジェクト)

2019年度 近鉄グループ環境目標

2019年度 近鉄グループ環境目標
1-①.環境目標を54社で策定します。
1-②.環境教育を54社以上で実施します。
1-③.エネルギー使用量等を54社以上で把握します。
2.各社のエネルギー使用量等を、2015年度に比べて4%以上削減します。
(※エネルギー使用量等=①電気②水③紙④その他)
3.近鉄グループは、2020年度におけるCO2排出量(総量および原単位)を2015年度に比べて5%削減を目指します。
4.自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を45社以上で実施します。

2018年度 近鉄グループ環境目標と実績

2018年度 近鉄グループ環境目標 2018年度
実績
評価
1-①.環境目標を54社で策定します。 54社 達成
1-②.環境教育を50社以上で実施します。 52社 達成
1-③.エネルギー使用量等を54社以上で把握します。 54社 達成
2.エネルギー使用量等を2015年度に比べて3%削減します。
(※エネルギー使用量等=①電気②水③紙④その他)
36社が
3%
削減達成
達成
3.近鉄グループは、2020年度におけるCO2排出量(総量および原単位)を2015年度に比べて5%削減を目指します。 総量
-16.6%
達成
4.自社の事業に関連する、環境に配慮した活動を、40社以上で実施します。 42社 達成
  • ※目標1~2の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社の54社です。
  • ※目標2は、①~④のいずれかのうち、各社が定めた削減目標の実績で判断します。
  • ※目標3の「近鉄グループ」の範囲は、当社および連結子会社のうち、純粋持株会社を除く47社です。

2018年度 近鉄グループの環境負荷データ

エネルギー使用量およびCO2排出量

種別 当社および連結子会社
54社合計
当社およびグループ会社
93社合計
電力量 1,196,323 千kWh 1,247,524 千kWh
都市ガス 21,186 千m³ 21,500 千m³
プロパンガス 717 t 2,985 t
白灯油 303 kl 461 kl
重油 7,629 kl 8,546 kl
ガソリン 1,574 kl 1,894 kl
軽油 17,524 kl 18,723 kl
冷水 169,089 GJ 169,089 GJ
計(熱量) 14,171,666 GJ 14,909,392 GJ
計(CO2排出量) 630,670 t-CO2 666,312 t-CO2
  • ※CO2排出量は、関西電力の排出係数で算出しています。

資源投入量

種別 当社および連結子会社
42社合計
当社およびグループ会社
67社合計
OA用紙 14,587 万枚 27,359 万枚
上水 4,651 千m³ 4,941 千m³
中水 205 千m³ 244 千m³
地下水 1,094 千m³ 1,094 千m³

廃棄物排出量

一般廃棄物

  当社および連結子会社
19社合計
当社およびグループ会社
34社合計
一般廃棄物 28,434 t 30,013 t

産業廃棄物

  当社および連結子会社
20社合計
当社およびグループ会社
33社合計
燃えがら 0 t 0 t
汚でい 3,052 t 3,126 t
廃油 508 t 541 t
廃酸 0 t 0 t
廃アルカリ 6 t 6 t
廃プラスチック 2,133 t 2,193 t
紙くず 87 t 87 t
木くず 2,799 t 4,052 t
繊維くず 5 t 5 t
植動物系不要物 1 t 1 t
ゴムくず 2 t 9 t
金属くず 11,075 t 12,362 t
ガラス及び陶器くず 646 t 735 t
建設廃材 62,809 t 62,809 t
その他 515 t 757 t
合計 83,639 t 86,683 t
  • ※グループ環境目標は連結子会社を対象としていますが、それ以外の会社も可能な範囲でデータを収集しています。

TOPに戻る